◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン ご結婚式、入卒のお付き添いなど、音楽鑑賞、観劇、パーティーなど

◆あわせる着物 留袖、訪問着、紋付色無地など
絹100%(金銀糸風繊維除く) 長さ4.35m(お仕立て上がり時)
西陣織工業組合証紙No.39 川島織物謹製
本袋縫い 
おすすめ帯芯:綿芯(松) 
六通柄
川島織物 特選西陣織本袋帯
お着物好きの方なら、軍配のマークをよくご存知のことでしょう。
デパートや有名呉服店などにも高級品として並ぶ、西陣名門の機屋さんです。
その名門【川島織物】より、卓越した意匠美をご堪能いただける格調高き錦織本袋帯をご紹介いたします!
お目に留まりましたら、どうぞご検討くださいませ。

天保14年(1843年)の創業より現在まで全く色褪せることなく、女性を虜にし続ける川島の帯。
170年以上に渡ってお着物に携わってきた老舗だからこその安心感。
それは、他の何物にも代え難く、また決して他の機屋には真似できない風格となって、帯地上に満ち溢れるかのよう。

川島織物は、近代美術織物の礎を築いたとも言われております。
優れた作品を製織するために一切の妥協を許さず、織物の研究に没頭した川島甚兵衛の心意気。
それは、今の時代の作品にも脈々と受け継がれております。

今回ご紹介いたしますのは、淑やかな面持ちに確かな風格を漂わせる秀作です。
細やかに金を通した桑茶色の錦地に込められた「雅華文」の意匠。
淡い彩りの色糸を用いて仕上げた富貴なその面持ちは、吉祥の柄を存分に用いて、落ち着いた印象にまとまっております。

もちろん本袋にて織り上げられた作品です。
川島織物のお品でも、「縫い袋」のものと「本袋」のものがございます。
ご存知の通り、高級品にのみ許されるのが、「本袋」。

表地と裏地を同時に、輪のように織り上げる帯のことでございます。
基本的に、表の地組織と裏の地組織は同じ様にいたします。
なぜなら、表裏の織巾が合わなければ帯にならず、縫い袋のように、表裏別々に織った後で縫い合わせるわけにはいかないからです。

表裏同時に、輪のように織り上げる本袋帯。
織り場では、織りあげつつあるお柄を見ることができません。
したがって織人の熟練が必要とされますし、大変難しい織物です。

本袋帯と縫い袋帯を並べて見比べていただきますと、
すぐにお分かりいただけるかと思います。
その違いは、帯の両端、つまり耳の厚みでございます。
これこそが本袋帯の一番の特徴で、縫い袋帯の半分の厚みですので、薄く綺麗にたたむことができます。

またお太鼓結びに締めていただくと、耳付きが薄いので、前・横から見ていただいた時にお太鼓が大変綺麗に映ります。
留袖から訪問着、紋付色無地に合わせて。
その吉祥性を身にまとってくださいませ。
フォーマルシーンに格別な華やぎを。
存分にご堪能いただければと存じます。

高級ブランドの逸品袋帯の特選柄!
この機会を是非お見逃しなく、末長くご愛用いただければ幸いでございます。




袋帯のお仕立てはこちら


撥水加工をご要望の場合はこちら

[文責:畔地 貴之]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

この記事は2020/01/27に専門家 中野 裕哲 伊関 淳 藤井 和彦 によって監修されました。

【コンビニ受取対応商品】 【川島織物】特選西陣織本袋帯「雅華文」シックに艶めく特選フォーマル!:京都きもの市場 店

会社設立

執筆者: ドリームゲート事務局

起業、経営ノウハウが詰まったツールのすべてが、
ここにあります。

無料で始める